NEWS ニュース

RPA テクノロジーズ株式会社

RPAテクノロジーズ が インフォテリア と提携し RPAの適用領域を拡張する「BizRobo Smart Connect」を提供開始

BizRobo! × ASTERIA WARP CoreによりRPAとAIなど等との連携も実現!

 

RPA /Digital Laborのベーステクノロジーとなる「BizRobo!」を提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大角 暢之、以下RPAテクノロジーズ)は、インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野 洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)とASTERIAサブスクリプションパートナー※2契約を締結し、インフォテリアの「ASTERIA WARP Core※3」をベースにしたBizRobo!の拡張サービスとして「BizRobo Smart Connect」サービスの提供を2017年9月6日より開始することを発表します。

 

■ 「BizRobo Smart Connect」サービスの背景とメリット
近年、世界中でRPAが急速に普及・発展しています。日本国内でも「少子高齢化」や「働き方改革」といった社会背景を受け、様々なビジネスシーンにおいて省力化を目指してRPAの導入企業が増加してきました。こうした背景のなかで、さらなる省力化のためにRPAが担う業務の適応範囲の拡大や処理性能の向上が求められています。今回提供を開始する「BizRobo Smart Connect」サービスを利用することで、RPA製品単体では煩雑だったExcelなどの複数のファイル間でのデータ加工処理や、数万件以上の大量データの処理などが効率的に実施可能になります。これによりRPAの適応範囲が大きく拡がり、より幅広い業務においてロボットによる業務代行の促進を実現します。

また、ASTERIA WARP Coreの豊富な接続機能を利用することで、様々なシステムとの連携がシームレスに可能となり、社内外のシステムやクラウド上のAI(人工知能)/Cognitive(認知技術)機能などとロボットがつながることで、RPAのカバー領域がより一層拡張されます。

<「BizRobo Smart Connect」サービスのイメージ>

 

■「BizRobo Smart Connect」サービスの概要・特徴(提供開始日 2017年9月6日)

サービス名 「BizRobo Smart Connect」サービス
内容 ASTERIA WARP Coreの販売、導入、開発、保守
(導入、開発、保守に関してはRPAソリューションの保守運用を行っているRPAエンジニアリング株式会社と連携しサービス提供します)
価格 3万円~/月(税別)
※別途BizRobo! 製品の契約が必要

 

■今後の展開

この協業の開始にあたり、RPAテクノロジーズはASTERIA WARP Coreの販売を開始し、またそれによりインフォテリアはASTERIAの更なる拡販を図り幅広い業界における企業のRPAの導入を推進します。

 

■「BizRobo!」について( Webサイト https://bizrobo.com/

BizRobo!はホワイトカラーの生産性を革新する、ソフトウェアロボットであり、これまでにないニューマンパワーです。インターネット上の情報、社内データ、エクセルなどの保存データから必要な情報を収集、加工、集計、保存、スキャニングなどの多種多様な定型作業を代行します。ロボットが業務を代行するため、マンパワーよりも早く、正確でミスがないため、皆様のサービスレベル、品質、コストを改善することができます。

現在、保険業界、流通・小売業界など幅広い業界で、100社を越える企業に4,000体以上のロボットを提供しています。

 

■「ASTERIAシリーズ」について( Webサイト https://www.infoteria.com/jp/asteria

EAI/ESB製品の国内市場において11年連続シェアNo.1製品である「ASTERIAシリーズ」は、異なるコンピューターシステムのデータを、ノンプログラミングで連携できるASTERIA WARPを主力製品とするミドルウェアです。メインフレームやクラウド上のサーバーから表計算ソフトまで、様々なシステム間の接続とデータの変換を行うロジックを複雑なプログラミングなしで行えることが評価されています。

シェア出典:テクノ・システム・リサーチ「2017年ソフトウェアマーケティング総覧 EAI/ESB市場編」。出荷量ベース。

 

■「RPAテクノロジーズ株式会社」について( Webサイトhttp://rpa-technologies.com/

RPAというカテゴリーが誕生する以前の2008年からRPA事業を開始し、4,000体以上のロボット導入実績を持つ国内RPAのリーディングカンパニーです。

 

■「インフォテリア株式会社」について( Webサイト https://www.infoteria.com/

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の「ASTERIA」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に6,291社(2017年6月末現在)の企業に導入されています。また、「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,276件(2017年6月末現在)の企業や公共機関で採用されています。

※1: 「RPA(Robotic Process Automation)」は、人が行っていた業務の処理手順を操作画面上から登録しておくことで、ソフトウェアなどが自動的に処理すること。

※2: 「ASTERIAサブスクリプション パートナー」(略称:ASP)は、小規模システムや特定製品、クラウド型サービスとの連携をターゲットとしたASTERIAシリーズの新ラインアップ「ASTERIA WARP Core」を中心とした月額課金サービスの販売を担うパートナーのこと。

※3: 小規模システムや特定製品、クラウド型サービスとの連携をターゲットとしたASTERIAシリーズの新ラインアップ。