ENTRY

新規事業創造を通じて
第4次産業革命をリードする

新規事業創造を通じて第4次産業革命をリードする
新規事業創造を通じて第4次産業革命をリードする

蒸気を動力源とした第1次産業革命、電気が生まれた第2次産業革命、コンピューターが普及した第3次産業革命、そして今、ロボットや人工知能、IoTといった新たなテクノロジーが生活から仕事、産業構造、ひいては価値観にまで、あらゆるものに変革をもたらす第4次産業革命の時代が到来しています。

第3次産業革命のとき、私はコンサルタントとして、コンピューターが目の前の仕事を一気に変えていく様を目の当たりにしました。その後2000年に創業し、インターネットを活用した新規事業コンサルティングや自社での新規事業開発を通じて、時代をリードする新規事業を創造することをミッションに事業を推進してきました。

そして10年ほど前から、私たちは第4次産業革命の中心の一つであるロボット及び人工知能に注目し、ホワイトカラー領域におけるロボット事業を他社に先駆けておこなってきました。近年、欧米を中心にRPA(Robotic Process Automation)というキーワードが、経営レベルにおける最も重要な課題として急速に広がっています。

第4次産業革命という非常に重要なタイミングが到来している今、ホワイトカラーの仕事の生産性を劇的に改善するDigital
Labor(仮想知的労働者)を徹底的に活用し、人とロボットが共存する新しい時代をリードしていくことがこの分野でトップを走る私たちの役割だと思っています。

常に時代の変化を事業機会と捉え、「変化する社会的課題を新規事業創造により解決する当事者でありたい」という想いを持った仲間とともに挑戦を続けていく。これが、私たちの目指すRPAホールディングス株式会社の姿です。

高橋 知道(たかはし・ともみち)

RPAホールディングス株式会社 代表取締役

一橋大学卒業後、アンダーセンコンサルティング(現・アクセンチュア)に入社。ソフトバンク、スカイパーフェクTV!を経て、新規事業プロデュースを手掛けるオープンアソシエイツを設立。2016年、オープンアソシエイツを持株会社へ移行、RPAホールディングス株式会社(旧:オープンテクノロジーズ株式会社)に商号を変更。

インタビューの全文はこちら
https://www.goodfind.jp/articles/1252