RPAテクノロジーズ、SAPジャパン、アイ・ピー・エス 中堅中小企業向けにERPのデータ入力業務をRPAで 自動化するソリューションを提供開始 SAP S/4HANA® Cloudへの入力作業を「BizRobo! 」との連携により自動化、 導入を約9週間で完了可能

2018.12.10

RPA ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道、以下 RPA ホールディングス)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大角 暢之、以下RPAテクノロジーズ)と、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)、株式会社アイ・ピー・エス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡邉 寛、以下IPS)は、中堅中小企業向けにERPの入力業務を自動化するソリューションを2018年12月10日より提供開始いたします。

 

現在、中堅中小企業がERP導入を検討する際、大きな障壁となっているのが、導入に掛かる時間とコスト、また導入後の運用ですが、これらの多くは人材不足に起因しています。ERP導入時は、初期データの入力に多大な人手と時間が必要となりますが、運用開始後も継続的にERP内の情報の鮮度、精度、粒度を保っていくことが求められます。しかし昨今、中堅中小企業は特に人材不足が深刻で、データ入力作業を行うための人材の継続的な確保が困難となっています。また、人材を確保できたとしても、人手による入力作業ではミスが避けられません。

 

今回3社が提供するソリューションは、SAP S/4HANA® Cloudへの業務オペレーションを、RPAテクノロジーズが提供する、現場レベルの担当者から定評のあるRPAツール「BizRobo!」に対してSAP S/4HANA® Cloud向けに(※)追加開発してパッケージングした製品「受託ロボ」が自動化するものです。

主に年商300億円以下で、利用者数が50~100ユーザー規模の中堅中小企業を対象に、月額制の導入しやすい価格で提供します。

 

本ソリューションを活用することで、導入プロジェクトにおける業務変更並びにオペレーション負担が軽減され、従来は6カ月以上を要していたSAP S/4HANA Cloudの導入を、約9週間で完了することができます(※)。また、運用開始後もロボットによるデータ入力により、SAP S/4HANA Cloud内のデータを常に最新に保つことができ、管理者も不要です。

尚、RPAパッケージ「受託ロボ」は必要な設定の大部分が予め実装されている為、1カ月程の期間で導入することが出来ます。お客様はより短期間で自動化による効果を獲得頂くことが期待出来ます。

 

3社は、本ソリューションの提供を通じて、人材不足の改善が急務である現場において、中堅中小企業の働き方改革や生産性向上の取組みを支援していきます。

 

※導入期間は利用ユーザー数や実現範囲、サポートレベルに応じて変動します。

利用ユーザー数50程度、生産管理以外を実現範囲とした場合の導入期間目安が約9週間です。

お客様の状況に合わせた最適な期間・実現範囲をご提案します。

※SAP S/4HANA及びSAP ERPにも対応しています。

 

 

【会社概要】

■RPAテクノロジーズ株式会社について (http://rpa-technologies.com/)

・本社所在地 : 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F

・設立 : 2013年7月

クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービス

を手掛けるオープンアソシエイツ株式会社(現:RPAホールディングス

株式会社、東証マザーズ証券コード6572)より、会社分割により

100%子会社として設立

・代表者 : 代表取締役社長 大角 暢之

・資本金 : 3,000万円

・事業内容 : コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、

販売ならびに輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/

情報提供サービス業/マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析

 

 

■SAPジャパンについてwww.sap.com/japan

SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国413,000社以上の顧客企業に利用されています。

国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。

Copyright © 2018 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

 

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

 

株式会社アイ・ピー・エスについて(http://www.ips.ne.jp/

IPSは、SAP 社が提供する SAP ERP の導入・本番稼動後のシステム運用・保守サポートにおいて、お客様の業務改革を支援する企業です。 1997 年の設立以来 80 社以上の導入実績を持つ、SAP 社のプラチナパートナーの 1 社(※2018年3月現在)です。

定期的に開催しているセミナーでは、参加者アンケートでは94%が「参考になった」とご回答頂いており、お客様へ基幹システムの最新情報をご提供するとともに、お客様から直接ご質問頂くことで、ご不安な点や疑問点を解消して頂ける場をご提供しております。

http://www.ips.ne.jp/seminar/index.html

 

 

本件に関するお問合せ

報道関係者からのお問合せ

 

SAPジャパン株式会社

広報:鈴木香里

電話: 03-6737-3880(部門代表)、080-1007-5933(直通)

E-mail: kaori.suzuki@sap.com

 

株式会社アイ・ピー・エス

事業開発部:赤松 洋

電話: 03-5501-3380(東京本社代表)、080-5776-4926(直通)

E-mail: you.akamatsu@ips.ne.jp