国立大学法人神戸大学社会科学系事務部経済学研究科事務課が RPAテクノロジーズ「BizRobo!」をパイロット導入 「BizRobo!」×OCRの連携により会計処理の業務プロセス改善へ

2020.04.02

RPAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道、以下「RPAホールディングス」)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:大角 暢之、以下「RPAテクノロジーズ」)と、国立大学法人神戸大学社会科学系事務部経済学研究科事務課(所在地: 兵庫県神戸市灘区六甲台町2−1、以下「神大・経済事務課」)は業務効率化および新たな働き方の取り組みを推進するためにRPAツール「BizRobo!」での試行を開始いたします。

■概要
教育・研究現場のバックオフィスでは、教員等のサポートに従事している事務課の労働時間に課題があります。神大・経済事務課は、見積書を財務会計システムに登録、処理する業務や支払業務、予算管理業務など、膨大な紙ベースの業務が蔓延するバックオフィスの会計処理において、業務効率化および教職員の働き方の見直しを図るため、RPAツール「BizRobo!」とOCR(光学文字認識)の連携による、業務プロセス改善を目指します。本ツールを導入し教職員らの余力を生み出し、事務的な労働時間の改善を目指して、現場運営を進めていきます。
RPAテクノロジーズと神大・経済事務課は、「BizRobo!」による業務プロセスの改善に取組んでまいります。

■「BizRobo!」について

「BizRobo!」は、ホワイトカラーの生産性を革新する、ソフトウェアロボット(Digital Labor)の導入・運用を支援するデジタルレイバープラットフォームです。「ロボット」と「IT」によって、ホワイトカラーをルーティンワークから解放し、企業を始め社会全体の生産性向上を図り、未来の働き方を変えていきます。
・製品ページ: https://rpa-technologies.com/products/ をご覧ください。

製品ラインナップ
・BizRobo!mini : https://rpa-technologies.com/lp/bizrobomini/
・BizRobo! Basic : https://rpa-technologies.com/lp/bizrobobasic/
・BizRobo! DX Cloud: https://rpa-technologies.com/dxcloud/
・BizRobo! Document: https://rpa-technologies.com/lp/bizrobodocument/

 

【会社概要】
RPAテクノロジーズ株式会社について (https://rpa-technologies.com/)
・本社所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
・設立:2013年7月
クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛けるオープンアソシエイツ株式会社(現:RPAホールディングス株式会社、コード番号6572東証一部)より、会社分割により100%子会社として設立
・代表者:代表取締役 執行役員社長 大角 暢之
・資本金:3,000万円
・事業内容:コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供・サービス業/マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析
※2020年4月6日から本社移転に伴い本社所在地は以下になります。
新住所:東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー8階