【OPEN VENTURES × GVA法律事務所】スタートアップ企業向けバックオフィス業務におけるハイパーオートメーション機能サービスを提供開始

2020.09.25

RPA ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋知道、以下「RPA ホールディングス」)子会社で、学生を含む若手起業家のスタートアップへの投資支援を目的としたコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)を運営するOPEN VENTURES株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石井岳之、以下OPEN VENTURES)と、スタートアップ企業向け法務顧問サービスに強みを持つ弁護士法人GVA法律事務所(本社:東京都渋谷区、代表弁護士:山本俊、以下GVA法律事務所)は、バックオフィスにおける余剰な人的コストの削減により、起業後の成長スピードをさらに加速させたいスタートアップ企業へ向けて、RPAによるバックオフィス業務の自動化を可能とするハイパーオートメーション機能サービスの共同提供を、9月25日に開始したことをお知らせいたします。

創業間もないスタートアップ企業は、法務・労務に携わる人材が不十分なことから、外部委託を余儀なくされるケースが多く見受けられますが、それにかかる月間数万円のコストの捻出が難しいという課題があります。そこでグループ創業以来、RPA/AIの国内普及およびその実装形態としての“ハイパーオートメーション機能“を追及してきたOPEN VENTURESと、スタートアップ企業の法務に関する専門的な見識に定評があるGVA法律事務所が共同提携することで、AIを活用した「AI-CON Pro」のシステムをベースとして、シード・アーリーの時期に必要な契約書・労務書類に関する約30種類のドラフトの提供やレビューのサポート、月々15分の簡易な個別相談などの充実した顧問サービスを1万円(税別)という低価格で提供することを実現しました。この顧問サービスでは、GVA法律事務所の弁護士が監修した各種業務委託契約、利用規約、創業者株主間契約、投資契約など契約書のひな型を用いることで、スタートアップにとって最低限必要なリスクヘッジがなされた契約書の自社雛形を直ちに作成することができますし、AI-CON Proに登録されている各種契約書のレビュー時のチェックポイントによって、AIを利用した迅速かつ正確な契約書のレビューも可能となります。スタートアップ企業にとって、限られた事業資金をより本質的な価値創造に活用し、事業本来の生産性を劇的に高めることができます。

■弁護士法人GVA法律事務所について(https://gvalaw.jp/
所在地:東京都渋谷区恵比寿西一丁目7番7号EBSビル3階
代表者:代表弁護士 山本俊
設立:2012年1月
事業内容:ベンチャー企業に対する法的支援、IT企業に対する法的支援、IPO支援他
所属弁護士会:第二東京弁護士会

■OPEN VENTURES株式会社について(https://open-ventures.fund/
所在地:東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー8F
代表者:代表取締役社長 石井岳之
設立:2020年7月
事業内容:ベンチャーキャピタル事業
資本金:10,000,000円