ENTRY

BUSINESS事業紹介

「RPA・AI」等の
最先端のテクノロジーと知恵で
新規事業を創造する

RPAホールディングスでは、RPA・AIをはじめとした最先端のテクノロジーと個々社員の知恵を用いて常に新規事業を創造しています。

RPAとは?

RPAとは認知技術(ルールエンジン、機械学習、人工知能等)を活用した主にホワイトカラー業務の効率化、自動化の仕組みの事を指す。
人間の補完として業務を遂行することができ、「ロボット」と呼ばれる事もある。このロボットと呼ばれる存在を活用することにより、人間の能力を優に超える圧倒的な生産性を実現する事が可能である。

これからの世界

  • 49%

    機械や人工知能で代替できると言われている職の割合。ホワイトカラーの生産性や品質が、彼らに任せることによって飛躍的に向上する。少子化による人材不足にも大きなソリューションとなる。

  • 1億人

    2025年までにRPA・AIに置き換わる、知的労働者の数。これまで人間にしか出来ないと思われていた「プロセスの分析・改善」や「意思決定」も、人工知能の高度な自立化によって可能となる。ここに、新たな雇用を生み出すチャンスが眠っている。

  • 735万人

    日本がRPA産業に乗り遅れた場合に失われる、国内における雇用の数。逆にこの産業で世界をリードできれば、新たな雇用を生み出すことが出来る。日本で働く人々の未来は、私たちの手にかかっている。