RPAテクノロジーズ「BizRobo! BasicRobo」×システナ  BizRobo!パートナー契約を締結 ~ 最適なRPAサービスの提供へ ~

2018.10.09

RPA ホールディングス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:高橋 知道、以下 RPA ホールディングス)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大角暢之、以下RPAテクノロジーズ)と、株式会社システナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:三浦賢治、以下「システナ」)は、2018年10月1日にBizRobo!パートナー契約を締結いたしましたことをお知らせいたします
 
サービス開始の背景

 昨今、働き方改革の実現に向けて、長時間労働の削減や少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少への対策として、AIやRPAに関心を向ける企業が多くなっています。RPAは、これまで「人間にしかできない」とされてきた仕事も、ロボットによる代行が可能になり、業務自動化を促進する上で欠かせないソリューションとなりました。その一方で、RPAの種類が年々増加し、お客様にてRPAを選定する際に、多くの企業からあらゆる提案を受け、選定するのに時間がかかるという声もしばしば聞こえます。
システナでは、これらの背景を払拭するために、RPAソリューションの選択肢を広げ、最適なRPAサービスをお客様に選択頂くことを目指し、BizRobo!パートナー契約の締結に至りました。
 
取り扱う製品の種類
システナでは、今回の締結にて以下製品の取り扱いを開始いたします。

  1. BizRobo! DX Cloud
  2. BizRobo! BasicRobo

 
提供開始日
2018年10月1日
 

 

【エンドースメント】
RPAテクノロジーズ会社  代表取締役社長 大角 暢之のコメント
 
現在、RPAの導入企業が増えている一方で、まだまだ地方や中小企業様には普及していないのが現状です。
またRPAを導入したものの、活動の展開や定着に課題を抱えている企業様もいらっしゃいます。
RPAテクノロジーズでは、RPAの大衆化と高度化をミッションに、RPAを単なるツール導入ではなく、”デジタルレイバー(人間のアナログ作業を代行してくれる存在)”との協働によって、ルーティンワークからの人間の解放と、”楽しく”働くことのできる社会の実現を目指して日々邁進しております。
 
今回、既に多数のRPAの導入展開の実績があり、さらにAIやIoT、クラウド等をはじめ、
多様なテクノロジーを取り扱っているシステナ様との協業が、RPAの一層の普及と進化をもたらすことを確信しております。
システナ様とのアライアンスを進め、日本社会を”ハッピー”にしていけることが非常に楽しみです。

 
 

■RPAテクノロジーズ株式会社について (http://rpa-technologies.com/)

・本社所在地 : 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
・設立 : 2013年7月
クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛ける
オープンアソシエイツ株式会社(現:RPAホールディングス株式会社、
東証マザーズ証券コード6572)より、会社分割により100%子会社として設立
・代表者 : 代表取締役社長 大角 暢之
・資本金 : 3,000万円
・事業内容 : コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに
輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供サービス業/
マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析
 
 
株式会社システナについてhttps://www.systena.co.jp
・本社所在地 : 東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング14F
・設立 : 1983年3月
・代表者 : 代表取締役社長 三浦 賢治
・資本金 : 15億1,375万円(平成30年10月1日現在)
・事業内容 : 自動運転・車載システム、社会インフラシステム、Webビジネス向けシステム、
IoT関連システムおよびロボット/ AI、モバイル機器等のソフトウェアの開発・品質検証、
金融機関向けシステム開発、システム運用・ヘルプデスク、IT商品の販売および
システムインテグレーション、クラウドサービスの提供など、システムの企画・設計・開発・導入
から保守・ユーザーサポートまでのトータル・ソリューション・サービスの提供