医療の質と安全の向上を目指し、国内初!RPAツール「BizRobo!」を 医療従事者向けロボットとして運用開始 ~東京歯科大学市川総合病院がRPAテクノロジーズ社「BizRobo!」を導入~

2019.09.04

RPAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道、以下「RPA ホールディングス」)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:大角 暢之、以下「RPAテクノロジーズ」)は、東京歯科大学市川総合病院(所在地:千葉県市川市、病院長: 西田 次郎、以下「市川総合病院」)の院内にて、2019年7月より、RPAテクノロジーズが提供するRPAツール「BizRobo!」の本格導入を開始いたしました。直接、医療従事者を支援するRPAロボット「BizRobo!」の運用開始は、本事例が国内初の取り組みとなります。
 
市川総合病院では、2018年6月、民間企業におけるRPAを活用した様々な事例を踏まえ、院内におけるRPA導入検討を開始しました。
主に、以下のRPA活用領域を設定し、最先端となる取り組みを実施していく事で、様々な経営課題の解決を目指しています。

  1. RPAを活用し、医療の質と安全の向上を実現
  2. 事務職員の業務をRPAに任せ、医師事務補助の拡大による医師の働き方改革への貢献
  3. 電子カルテと部門システム間のリアルタイム性を重視しない接続にRPAを活用
  4. RPA+AIの融合による効率化を実現

同年11月からはRPAテクノロジーズと医療分野の戦略的パートナーであり「BizRobo!」の販売代理店でもあるスカイライトコンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:羽物俊樹、以下「スカイライトコンサルティング」)の支援を得て、トライアルを実施し、電子カルテシステム、医事会計システム、及び画像診断システム等15種類にも及ぶ診療ネットワーク上のシステムとBizRobo!との疎通確認を行いました。

同院の主要な診療支援システムと「BizRobo!」との相性の良さが確認されたため、活用領域①「RPAを活用し、医療の質と安全の向上を実現」と関連するロボットを構築し、一部試験運用を経て、2019年7月よりRPAの本格導入に踏み切りました。

【実施例】
医療安全支援等を目指した医療従事者向けロボットの構築

  • CTとMRI画像診断における医師の未読患者リストを抽出し、レポートを印刷するロボット

⇒ 今後、放射線以外のレポート未読についても着手する予定です。

  • 血液検査の結果、eGFR値が基準値以下で翌日以降の検査予定の患者リストを抽出するロボット(eGFR値が基準値以下の場合はCTとMRI検査時の造影剤投与が禁止されているため)

⇒ 2019年10月より試験運用を開始する予定です。

 
市川総合病院では、今後、医師等診療部門、看護部門およびコメディカル部門等と協力しながら、上記4つの活用領域を基軸としたRPA推進に取り組んでいきます。
RPAテクノロジーズおよびスカイライトコンサルティングは、事務職員向けのRPAロボットに加え、医師や看護師等の医療従事者を直接支援していくロボットの共同企画及び研究・開発についても積極的に支援いたします。また、上記のような最新ソリューションを医療機関同士で共有していく研究会や協会を設立し、業界内の横連携を推進してまいります。
9月18日(水)のBizRobo! LAND 2019 TOKYO セッションD 13:00-13:45枠では医療業界でのRPA活用についての講演登壇いたします。
https://rpa-technologies.com/event/bizroboland/2019/#program

 
市川総合病院 松井副学長・外科部長 コメント
人力では継続することがなかなか実現できなかった領域に踏み込むことで、新たな医療の質と安全の向上に寄与できるものと期待しています。
 
【実施例】
医療安全支援等を目指した医療従事者向けロボットの構築

  • CTとMRI画像診断における医師の未読患者リストを抽出し、レポートを印刷するロボット

⇒ 今後、放射線以外のレポート未読についても着手する予定です。

  • 血液検査の結果、eGFR値が基準値以下で翌日以降の検査予定の患者リストを抽出するロボット(eGFR値が基準値以下の場合はCTとMRI検査時の造影剤投与が禁止されているため)

⇒ 2019年10月より試験運用を開始する予定です。
 
市川総合病院では、今後、医師等診療部門、看護部門およびコメディカル部門等と協力しながら、上記4つの活用領域を基軸としたRPA推進に取り組んでいきます。
 
RPAテクノロジーズおよびスカイライトコンサルティングは、事務職員向けのRPAロボットに加え、医師や看護師等の医療従事者を直接支援していくロボットの共同企画及び研究・開発についても積極的に支援いたします。また、上記のような最新ソリューションを医療機関同士で共有していく研究会や協会を設立し、業界内の横連携を推進してまいります。
 
市川総合病院 松井副学長・外科部長 コメント
人力では継続することがなかなか実現できなかった領域に踏み込むことで、新たな医療の質と安全の向上に寄与できるものと期待しています。
 
【事業体概要】
■RPAテクノロジーズ株式会社について (https://rpa-technologies.com/)
・本社所在地 : 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
・設立 : 2013年7月
クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを
手掛けるオープンアソシエイツ株式会社(現:RPAホールディングス株式会社、
コード番号6572東証一部)より、会社分割により100%子会社として設立
・代表者 : 代表取締役 執行役員社長 大角 暢之
・資本金 : 3,000万円
・事業内容 : コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売
ならびに輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供サービス業/マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析
 
学校法人 東京歯科大学 市川総合病院について(http://www.tdc.ac.jp/hospital/igh/
・所在地 :  千葉県市川市菅野5-11-13
・病院長 :  西田 次郎
・病  床  数 :  一般570床、歯科診療台数22台
・診療科 :  内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、腎臓内科、神経内科、外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、麻酔科、精神科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、歯科、歯科・口腔外科、病理診断科
・診療センター:角膜センター、リプロダクションセンター、口腔がんセンター、脊椎・脊髄病センター、糖尿病・内分泌センター、心臓病センター、脳卒中センター、透析センター、腎不全治療センター

スカイライトコンサルティング株式会社について(http://www.skylight.co.jp/)
・本社所在地 : 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー
・設立 : 2000年3月
・代表者 : 代表取締役  羽物   俊樹
・資本金 : 1億8,200万円
・事業内容 : ビジネスコンサルティング事業 (経営情報の活用支援 、業務改革の推進支援 、IT活用の企画および導入支援 、新規事業の立上げ支援)、および各種投資事業