RPAホールディングスと伊予鉄総合企画による共同事業 「株式会社デジタルテクノロジー四国」の設立

2021.03.25

RPAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道)は、株式会社伊予鉄グループ(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:清水 一郎)のグループ会社である伊予鉄総合企画株式会社(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:元屋地 裕之)と、地域に根差した生産性向上を実現し、デジタルレイバーのインフラ化と現場衆知による付加価値ロボットの大衆化を目指す合弁会社「株式会社デジタルテクノロジー四国」を2021年4月1日に設立することをお知らせいたします。

 

 ■「デジタルテクノロジー四国」設立背景
 RPAホールディングスグループは、伊予鉄総合企画とともに、2020年5月1日より「愛媛県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金申請」、「密接不可避業種感染予防対策推進事業者給付金申請」、「新ビジネス定着促進給付金申請」手続き業務支援として「BizRobo!」と「事務ロボ」を提供し、ロボットと人のハイブリッドBPOとして迅速な協力金支給に向けた支援を実施してまいりました。
 この度の「株式会社デジタルテクノロジー四国」の設立は、これらの事業をさらに充実させ、「地方の個性が輝く楽しい時代へ ~Create Next~」のビジョンのもと、企業活動におけるバックオフィス業務などの非競争領域を集約した、人とデジタルレイバーのハイブリッド型シェアードサービスで生産性向上を実現し、将来は、デジタルレイバーをフルに活用した付加価値ロボットの活用を通じて、四国エリアならではの地方の個性が輝くサービス付加価値ロボットの提供いたします。RPAやAIを活用して生み出されるデジタルレイバーを事業活動継続に必要不可欠なインフラへと進化させ、「組織」「業務プロセス」「顧客体験」の再定義を目指していきます。

■事業内容概要
①RPA/OCRなどデジタル技術を活用したオフィス業務の効率化
②WEB広告のコンサルティング
③地方における新たなビジネスを創造する若手起業家の事業支援

■株式会社デジタルテクノロジー四国
設立日              :2021年4月1日
資本金              :10百万円(2021年4月1日現在)
出資割合           :伊予鉄総合企画株式会社 75%
           :RPAホールディングス株式会社 25%
本社所在地        :愛媛県松山市3番町4丁目9番5 松山センタービル6F
代表取締役会長  :清水 一郎     (株式会社伊予鉄グループ 代表取締役社長)
代表取締役社長  :元屋地 裕之   (伊予鉄総合企画株式会社  代表取締役社長)

【会社概要】
■ RPAホールディングス株式会社(https://rpa-holdings.com/
所在地 :東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー8F
代表者 :代表取締役 高橋 知道
設立  :2000年4 月
資本金 :5,881,796,555円(2020年2月末現在)
事業内容:RPA/AIを活用した新規事業創造を目的とした純粋持株会社

■伊予鉄総合企画株式会社について(http://www.iyoplan.jp
本社所在地:愛媛県松山市三番町四丁目 9番地 5松山センタービル
代表者  :代表取締役社長 元屋地 裕之
設立   :昭和61年4月1日
資本金  :5,000万円
事業内容 :RPAソリューション事業、コンピュータ機器販売及び情報処理関連開発提供サービス業、
                 一般労働者派遣及び請負事業、民営職業紹介事業、
                 事務処理代理サービス業及び人材教育関連事業、広告宣伝代理業、
                 公共施設の運営及び維持管理に関する業務、児童厚生施設の経営、保育園の経営